ブラウザ内のスクリーンショットが撮れるChromeアドオン3選

ウェブサイトのスクリーンショットを撮る時どのようにしていますか?
OS付属の撮影機能を使うと、デスクトップやツールバーまで入り込んでしまいます。

もしも、いちいちペイントやPhotoshopを立ち上げて、余計な部分を編集で削るなどといった非効率な方法をとっているなら、いい改善法があります。
ブラウザのアドオンを使うことで、ウェブサイトだけ撮影することが出来ます。
撮影だけではありません。簡単な編集ならアドオン内で済ませられます。

Full Page Screen Capture

Full Page Screen Captureはウェブページの上から下まで全体を1枚の画像としてキャプチャーできるアドオンです。
縦に長い大きなウェブページを、アドオンのアイコンをクリックするだけで撮影することが出来ます。
単機能な分、シンプルな操作が可能で、使い方に迷うことは無いでしょう。

ページ内画像を非同期処理しているページでは、ページ末尾までスクロールしてから撮影する必要があるかもしれません。

Nimbus Screenshot

Nimbus Screenshotは高機能なスクリーンキャプチャアプリです。
撮影範囲を自在に操れる他、撮影後の編集作業もアドオン内でこなすことが出来ます。

編集は例として以下の様なことができます。

  • トリミングして必要な部分だけ切り出す
  • 強調したい部分を矢印や枠線を使って示す
  • 文字を使ってコメントを書き込む

頻繁にウェブサイトの画像を撮影する人にはうってつけのアドオンです。

Nimbus Screenshotは日本語化されていませんが、簡単な英語が理解できるなら利用に支障はないでしょう。
GoogleDriveを利用しているなら画像の保存先に選べます。

FireShot

FireShotは今回紹介した中で、一番利用者の多いアドオンです。

全体&部分キャプチャ・簡易編集・クラウド連携など豊富な機能で支持されています。
FireShotは日本語に対応しています。

出力は、PNG,JPG,GIF,BMPそしてPDFです。
事情によりPDFが必須の職場で活躍できそうなアドオンです。


今回は3種類のChromeアドオンを紹介しました。
キャプチャ関係のアドオンはこれ以外にも沢山ありますので、折にふれて紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加