FirefoxでJavaScriptを無効にするアドオン

従来Firefoxでは設定画面からJavaScriptを無効化することが出来ました。
しかしアップデートにより設定画面からJavaScriptを無効にすることが出来なくなりabout:config(動作保証対象外)を弄るかアドオンで対応する必要が出てきました。

NoScript Security Suite アドオン

NoScript Security Suite(通称NoScript)は信頼できるサイトだけでJavaScriptを許可するアドオンです。
JavaScriptがデフォルトで無効になるため、余計な広告やセキュリティリスクを回避できます。
信頼できるサイトではJavaScriptの実行を許可できるため、JavaScriptが必須なウェブサイトに遭遇したとしても問題になることはありません。

Adblock Plus アドオン

Adblock Plusは広告やトラッキングを防ぐ定番中の定番アドオンです。
自作フィルタを利用し「.js」を全てブロッキングすることで、JavaScriptファイルをブロックすることができます。
既に広告対策で導入している人は、新たなアドオンを追加する必要がないというメリットが有ります。

どうしてもアドオンを使わずJavaScriptを無効にしたい場合

アドレスバーにabout:configと打ち込み、警告を理解したうえで先に進みます。
設定名「javascript.enabled」を探し、値が「true」となっている場合は「false」へと変更します。
これで全てのサイトでJavaScriptが無効になります。
世の中にはJavaScriptが必須のサイトも少なくないので、元に戻すには逆の設定をします。
ここで変更したことは必ず覚えておきましょう。
さもないと、「FirefoxでJavaScriptを有効にする方法」的な記事のお世話になることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加