IFTTTのMakerChannelが熱い

IFTTTに新しいチャンネルが登場した。
MakerChannelという名前からしてワクワクがとまらない。

これまで多くのサービスに対応していたIFTTTだがサービス独自のAPIを持っていなかった。
従って自作のアプリケーションと連携させたくても、メール等のチャンネルを使って強引に連携させるしかなかった。
今回のMakerChannelでその不便がやや解消されることになる。

具体的には、HTTPリクエストを通じて任意の情報を送信したり受け取ったりすることが出来るようになる。
これで自作のプログラムやRaspberry Piなどとの連携が捗ることは間違いない。

IFTTTは2015年の今年、なにやら大きな計画を持っているようなので今後も注目したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加