WordPressの404対策

WordPressでサイトを運用する場合、404ページにはどのような対策が必要でしょうか。
いくつかご紹介します。

サイト内検索を表示する

404ページへ訪れたユーザーは、目的の記事に辿りつかなかったユーザーです。
サイト内検索ボタンを表示し目的の記事に辿り付けるようサポートするのは有効です。
いくつかのテーマではデフォルトでこの対策がとられています。

人気記事を表示する

せっかく訪れたユーザーに404ページだけを見せて帰してしまうのはもったいないことです。
人気記事のランキングなどを提示してサイト内を回遊してもらいましょう。
WordPress Popular Postsを利用しているなら、404ページに以下のコードを埋め込むだけで実現できます。

<?php wpp_get_mostpopular(); ?>

もちろんそれだけでなく、デザインも考えるとより良いでしょう。

トップページへ移動する

訪れたユーザーにサイトを認知してもらいたいときは、サイトの顔であるトップページへ訪れてもらうのもいいでしょう。
404 Redirectionプラグインが便利です。
404ページに訪れたユーザーをトップページへ移動させるだけのシンプルなプラグインです。
シンプルすぎて導入に迷う点がないのは利点かもしれません。

広告は表示しない

アドセンスをはじめとする広告はコンテンツの無いページ、つまり404ページへの広告掲載を禁止しているケースがほとんどです。
ペナルティのリスクを回避するためにも、404ページへの広告は掲載しないようにしましょう。

おわりに

SEOやユーザーの利便などを考えても404ページをカスタマイズするのは必須と言っていいでしょう。
ぜひこの機会にWordPressの404対策を検討してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加