Twitterでアカウントロックが多発!対策は?

Twitterでアカウントのロックが多発しているようです。
アカウントロックはいわゆるスパム対策の一環として行われているようですが、身に覚えが無いというユーザーも少なくないです。
何が原因なのでしょうか。

アカウントロックの原因は?

Twitterのアカウントロックは主に2つケースに分類できます。
自分の行動に原因があるか、それともほかに要因があるケースです。

自分の行動に原因がある場合

例えばあまりにも多数のツイートを行っている場合。
twittbotやツイ助といった自動ツイートツールを利用している場合、自動化されたツイートとみなされアカウントがロックされてしまう場合があります。
多数のスパム報告やブロック、大量のフォロー、アンフォローも原因になり得ます。
最近はお気に入りを大量に投げるクライアントがアプリを取り消される事件も起きました。

他人の行動に巻き込まれる場合

他人が悪いケース。
巻き込まれ型のアカウントロックです。
Twitterはスパムグループの凍結やロックをまとめて行うケースが多く、BAN祭りなんて呼ばれることもあります。
こうした一気にアクションを起こす場合、巻き込まれ型のロック・凍結がしばしば発生します。
このケースの厄介なところは、対策が難しいところです。

どう対策したらいいの?

ではどう対策したらいいのでしょうか。
基本的には規約を守れば良いのですが、それだけでは不十分です。

Twitterルールは読んでおこう

長ったらしい規約などは、ほとんどの人が読んでいないでしょう。
ですが、Twitterルールなら読めるのではないでしょうか。
あなたの生活の中でTwitterが重要な位置を占めているのであれば、これを読む時間くらいは作れるかと思います。

ルールをきちんと理解する。
何をやってはいけないか。きちんと把握しましょう。

定期ツイートは止めよう

定期ツイートを流している人が多くいますが、止めてしまいましょう。
定期ツイートに利用されるツールは、多くのスパマーにも利用されています。
またツール自体がスパム的な投稿を行うケース(参考)もあります。
こうしたツールを利用すると、それ自体がTwitterルールに反するだけでなく、スパマーへのペナルティに巻き込まれる確率が上がります。
どうしても見てもらいたいツイートはトップに固定する機能で代替しましょう。

何事もやり過ぎない

エタフォなどは論外。
本当に気に入ったツイートだけお気に入りしましょう。
フォロー整理も一気に行わず、少しずつ整理するといいです。
他人が不快に思ったり、恐怖を感じるようなツイートは控えましょう。
また「シナモンいじめ」のようなことはもってのほかと心得ましょう。

最後に

いくつか対策を書きましたが・・・これで万全といえるかは微妙なところです。運の要素もあるでしょうし。
ですが正しく利用すればロックや凍結を受ける確率は減るでしょう。

なおこの投稿はプライベートでTwitterを利用しているユーザー向けに書かれています。
Twitter上でネットビジネス(と称するスパム活動)を行うスパマー向けに書かれた記事ではありませんのでご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加