WordPressの503エラーを回避する

WordPressでウェブサイトを運営する際、とても厄介なのが503エラーです。
503エラーはGoogle Analyticsなどのアクセス解析に残らないため、発生数を把握することすら一苦労です。

503エラーの発生を把握する

まずは503エラーの発生数を確認しましょう。

一般的なレンタルサーバーでは、アクセスログの保存を行ってくれています。
アクセスログを解析することで、503エラーの発生を確認することができます。

さくらインターネットのレンタルサーバーは、管理画面から503エラーの発生数を確認できます。
初心者でも簡単に503エラーを把握することができるのでオススメです。

503エラーの発生を抑える

WordPressでは、アクセス毎にサイトが生成されます。
このためアクセスが集中するとサーバーから503エラーが返ってくることになります。

通常503エラーはサーバーが処理不能に陥った場合に返されるエラーコードです。
ですが、レンタルサーバーで503エラーが発生する場合、本当にサーバーが処理不能に陥ったわけではなく、利用者が規定の負荷を上回った場合に返されることがほとんどです。
自分の利用するサーバーにはどのような制限が課せられているか把握することも重要です。

キャッシュプラグインの導入

サーバーへの負荷を軽減するためキャッシュ系のプラグインを導入を検討してみてください。
キャッシュ処理により動的な処理を減らし負荷の軽減を行います。転送量を減らすためにも効果的です。
ただし上手に導入することができれば負荷対策になるのですが、間違った導入を行えばデザインが崩壊したりサイトそのものに繋がらなくなってしまいます。
テーマとの相性もあるため、自分のサイトにどのプラグインが合うか慎重に検討を行ってください。

不要なプラグインを無効化する

WordPressでは追加の機能をプラグインを利用して簡単に導入することができます。
一方でプラグインはその機能を実現するためにサーバーに負荷を掛けることになります。
一つ一つは小さな負荷でも積み重なって大きな負担となることがあります。
不要なプラグインは無効化やアンインストールを検討してください。

またプラグインによっては、一つで大きな負荷をかけるものもあります。
重いことで有名ないくつかのプラグインは利用しないようにしましょう。
プラグインの負荷を確認するプラグイン(ややこしい!)もあります。

根本的な解決法

503エラーはレンタルサーバー会社が決めた負荷を上回った場合に発生することは先程も説明しました。

そのような前提で最も簡単な解決法は、レンタルサーバーのプランを変更するというものです。
お金で解決するというわけですね。

503エラーが発生するだけのアクセスがあるサイトに何らかの収益源があるならば、上位プランへの変更は容易に吸収できるのではないでしょうか。
wpXやCOREPRESS CloudといったWordPress専用サーバーに移転するのも効果的です。

まとめ

  • 負荷対策大事です
  • キャッシュを上手に利用しよう
  • 不要なプラグインは無効に
  • 最も簡単な解決策はお金です

最後のは身も蓋もない結論ですが、要はアクセス数に応じたサーバーを利用しましょうということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加